モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

激安店・大衆店・高級店の違い

激安店・大衆店・高級店の違い

デリヘルは、大きく分けると相場や在籍嬢の質によって、激安・大衆・高級の3つに分けられます。それぞれの特徴や違いをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

激安店

激安店の特徴は、その安さにあります。平均相場に比べると3割ほど安い場合が多く、1万5千円ほどの相場で遊べる事も多いようです。あまり堂々と「激安!」とうたっている所は少ないですが、常時「サービス価格でお届けしています!」といったような形で価格のことをアピールしているお店は、こちらに分類されることが多いようです。

女性キャストの質にはばらつきがあり、高年齢のキャストが多い場合もあります。また、あまり安いお店で、フリーで頼むと、人気の無い嬢が派遣されることもあるようなので気を付けましょう。

コース時間も短めで、とにかく安さをアピールしている事が多くなっています。こうしたお店を利用する際は、安さだけに目を奪われず、他の情報もしっかり確認して遊ぶことが大切です。

大衆店

次に大衆店です。こちらは最も数が多く、一般的にはほとんどがここに含まれます。地域によって差はあるものの、どこでも相場は3万円前後あれば遊べますし、女性の質も平均的です。ただ、女性は地域によってもまちまちですので、店舗の数が多い分、選択肢もとても多くなります。

アタリとハズレ

逆に言えば、「こんなに可愛い子とこの値段で遊べるの!?」とびっくりすることもあるのが魅力です。数が多い分、思わぬ大当たりに出会うこともあるのです。

もちろん逆に、ハズレだと感じる場面もあるかもしれません。上手に情報収集すればするほど、良い嬢を見つけられるのが、一番の特徴かもしれません。

また、競争が激しい分、経営者側も様々な割引やキャンペーンを行っています。それらも使って遊べば、激安店ほどではないものの、抑えた予算で十分満足のいく女の子と遊ぶことができるでしょう。

高級店

そして、最後に高級店です。その名の通り、値段が高い分、非常に質の高い女性キャストを取り揃えているのが特徴です。中には現役AV女優やレースクイーンなどと遊ぶことができるようです。

顔やスタイルだけでなく、プレイのテクニックや礼儀なども行き届いているキャストが多くなっています。嬢だけでなく、スタッフもしっかりと教育されていますので、安心して遊べることもメリットでしょう。

幅がある

その中でも幅があり、6万円ほどで遊べるところもあれば、高いと10万円以上のところも珍しくありません。一般店では出会えないような女性と過ごせることを考えれば、決して高くはないのかもしれませんが、多くの男性にとっては「憧れながらもなかなか行けない」かもしれません。

高級店は、需要や女性のスカウトの問題もあるのか、東京などの大都市部には多くあるものの、地方には少ないようです。一度はお金を貯めて高級店で遊んでみたいものですね。

予算や女の子の好みなどから、上手に選んでみてください。