モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

待ち合わせデリヘルとは?

待ち合わせデリヘルとは?

デリヘルで待ち合わせ?

待ち合わせデリヘルについてご存じですか?通常のデリヘルでは、お客さんがホテルや自宅に待機していて、部屋に女の子が来るのを待っているという形ですが、待ち合わせ型ですと、外で待ち合わせをして一緒にホテルや部屋に入ることができます。ホテルで待機していた方が楽という方も多いと思いますが、一人でラブホテルに入るのが恥ずかしいという方や、もっとデートっぽい雰囲気を感じたいという方には、待ち合わせ型がおすすめです。待ち合わせ専用のお店もありますが、大抵は兼用です。

恋人気分を味わえる

待ち合わせ場所はホテルの前だけじゃなく、駅前やショッピングビル、公園など、場所を選べる場合もあります。プレイをメインにしたい場合は、ホテル近くで待ち合わせをしてホテルまで雑談をしながら少し歩くという程度でよいですが、恋人気分を味わいたいなら、コース時間を長めによって、ショッピングモールや喫茶店、ゲームセンターなどに寄りながらデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

デートで新密度を上げよう

デートをすることで恋人気分が味わえるというのもポイントですが、相手との新密度を上げることで、プレイの内容を高める効果も期待できます。知らない女性が部屋に入ってきて、シャワーを浴びて即プレイということに物足りなさを感じる方もいるでしょう。最初はプレイ自体に興奮しても、次第にもっとイチャイチャしたい、もっと親密になって相手に顔を覚えておいて欲しいなど、色々な欲求が出てくるものです。プレイの最中に新密度を高める方法といえば、会話やプレイくらいしかありません。しかも、コミュニケーションを取りながらプレイするというのは、なかなか難しいものがあります。たとえば、プレイを初めてから30分後にようやく打ち解けてきたとしても、残り時間があとわずかではもったいないですよね。プレイを始める前から打ち解けていれば、最初からもっとイチャイチャしたプレイができたかもしれないと思うと、なんだか残念ですよね。かといって、プレイに入る前にお茶などを用意して雑談の時間を設けても、いつプレイに入ればいいのか分からなくなります。また、お客さんが用意してくれたお茶やお菓子は、開封してあると何が入っているか分からないので、女の子が食べにくいです。お客さんを疑っているというわけではなく、お店の方が食べないように指導されている女の子もいるので、お茶や飲み物を出したいと思ったら、わざわざペットボトルのお茶などを用意しなくてはなりません。

それでしたら、ホテルの近くで待ち合わせをして、「ちょっとお茶でも飲んでいかない?」とカフェやレストランなどに入った方が女の子も安心ですし、公共の空間ですので2人きりの緊張感も薄れ、談笑しやすくなりますよね。飲み物が出てくるまでの待ち時間、普通に話すことができます。ホテルに入った時も、すでにコミュニケーションを済ませているので、「ここからはプレイの時間」と自然な形で線引きできます。また、新密度が高まった状態でプレイすることができるので、プレイの質も高まります。デート時間が長くなるほどプライベートな感覚になりやすく、女の子との親密感も高まりますので、お気に入りの女の子とプレイする時は待ち合わせ型を利用することをおすすめします。

デートするときの注意点

ただし、デート時間にも料金は発生しているので、お金がない方はあまり本格的なデートはできないでしょう。しかし、ホテルの前や近場で待ち合わせをして、5分程度一緒に歩くという程度でしたら、可能ではないでしょうか。待ち合わせ場所から一緒に歩くだけでも色々な会話ができるので、新密度を高めたい方にはおすすめです。待ち合わせやデートの細かい料金については店舗によって異なりますが、本格的なデートサービスを利用すると30分で10,000円など、かなり高い料金を取られることもあります。デートサービスを専門的に行っている店舗もありますが、通常はオプションの一つに用意されているサービスであり、デートサービスだけ利用することはできません。また、デートサービスは基本的にプレイの前に行うものであり、プレイの後に行うものではありません。料金設定など細かい内容については、事前にホームページなどで確認してください。

心構え

また、デートサービスを利用する時の心構えとして、1つだけ注意点があります。それは、女の子はあくまで仕事で来ているだけですので、本当の恋人になったわけでも、恋人になってくれるわけでもないということです。女の子と親密になるうちに、「この子はもしかしたら俺に気があるのかも!」と勘違いしてしまう男性も少なからずいるようですが、そのような勘違いは女の子を困らせてしまうだけです。確かに、仕事といってもすべて営業スマイルというわけではなく、本当に楽しい時間を過ごし、心の底から笑っている女の子も多いですが、「それはそれ、これはこれ」です。あくまでお店とお客さんという関係ですので、間違っても「今度はプライベートで会おう」などと言わないようにしましょう。また、雑談を通り越して相手のプライバシーにかかわる質問をすることもNGです。

Prev