モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

風俗嬢へチップを渡したい

風俗嬢へチップを渡したい

風俗嬢へのチップってアリなの?

日本はあまりチップ文化がないのでチップにピンと来ない人もいるかもしれません。本来はサービスに対する感謝の気持ちを表すものなので、良いサービスを受けたなと思えば風俗嬢へチップを渡すのは全然アリです。
物や食べ物をプレゼントとして持ってくるお客さんは結構いますが、チップ(現金)を渡すお客さんは意外と少ないので風俗嬢の印象にも残ります。お気に入りの子に覚えてもらいたいという思惑で渡すのも良いと思いますよ。

チップを渡すのは高級店のみ?

風俗嬢にチップを渡すのに高級、激安やジャンルということは全く関係ありません。高級ソープで渡しても良いですし、格安ピンサロで渡しても良いです。

コース料金はお店と風俗嬢とで割ることになりますが、チップは貰った子に100%バックします。つまり安い店だからこそチップが有難いと思う子が多いということです。
逆に高級店になるとチップといえどもそれなりの金額を用意しないと恰好が付かないですが、標準店や格安店では1,000円~2,000円の少額でも渡しやすいので気軽にチップとして配ることが出来ますよね。

チップの相場はいくらくらい?

一般的には支払いの10%をチップにと言われていますが、ぶっちゃけ風俗嬢へのチップに決まりはありません。小銭よりかはお札の方がカッコいいかなという感じです。
1,000円~10,000円くらいの間をチップとして渡す人が多いようです。特別な日やお気に入りの子には少し多めに上げるという人もいるでしょう。

わざわざチップを用意していくのが気恥ずかしいというのであれば、支払いが18,000円や29,000円という時に20,000円や30,000円を渡して「お釣りは取っておいて」というように渡す方法もスマートです。

風俗嬢にチップの見返りを要求しない

風俗サービス前にチップを渡して「さっきチップ上げたんだからもっと良い事してよ」と交渉のツールとして利用しようとする人もいるようです。
チップはサービスに対しての感謝の気持ちとして渡すものです。強制されているものでもなく、渡す渡さないは自由です。そのため「チップを渡したから」と過剰サービスをさせようとするのはマナー違反です。

基本的にチップはサービスが終わってから渡すものです。ただし風俗は前払いのところがほとんどなのでお釣りをチップにするという場合はサービス前に渡すことになります。