モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

プレイ中のちょっとしたことで嬢が痛みを感じることもある

プレイ中のちょっとしたことで嬢が痛みを感じることもある

痛みを与えないように注意する

風俗を利用するときは、いくつか注意することがあります。ここを押さえておかないと、相手に嫌な思いをさせたり不快な思いをさせてしまうことになるので、絶対に気をつけるようにしましょう。

その注意することの一つとして、「痛みを与えない」というものが挙げられます。 風俗でのプレイ中は、ふとしたことで相手に痛みを与えてしまうことがあるのです。

「そんなつもりはないのに痛みを与えてしまった」ということもあるので、注意するようにしましょう。

嬢が痛がるシチュエーション

嬢とのプレイ中に乳首を重点的に責めてしまうと、それが原因で嬢が痛みを感じることがあります。乳首というのは刺激を受けやすいもので、何度も触られていると簡単に痛みを生じるものです。 風俗嬢は一日に何人もの男性とプレイをします。

特に、乳首を触られる機会が多いので、一日の最後のほうのお客さんだと「痛くて我慢できない」という状態になってしまうのです。 もし、乳首を触って、相手が痛そうな表情や反応をしたのならそれ以降は触らないようにしましょう。 他に痛みを与えてしまうシチュエーションとして、激しい手マンが挙げられます。

AVでよくある、ものすごいスピードで行う手マンは、素人が行うと女性に気持ち良さではなく痛みを与えてしまうものです。

AVに感化されたり、風俗嬢に自分のテクニックを見せようと思って激しい手マンをする人がいますが、快感ではなく痛みを与えることになるので、やめておいたほうがいいでしょう

爪やひげにも注意しよう

風俗嬢に対する行動だけではなく、自分の身だしなみから相手に痛みを感じさせてしまうこともあります。 爪が長いと、その爪でひっかいてしまうこともあり、大変危険です。先ほどの激しい手マンをこの長い爪で行ってしまうと、嬢は痛みで我慢できなくなるでしょう。最悪の場合、出血してしまう恐れもあります。

風俗を利用するのなら、爪の手入れは必ず行うようにして下さい。店舗型のお店には、爪切りを置いてあるお店もあるので、爪が長いのなら爪切りを借りて爪を切るようにしましょう。

他には、ひげの長さにも配慮する必要があります。ひげが肌に触れるというのは、思った以上にチクチクするものです。プレイをしているとひげが嬢の肌に触れ、これもまた痛みになります。

そこまで大きな傷みにはなりませんが、それでも不快に思わせてしまうので、ひげの長さにも気を遣うようにして下さい。

Next