モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

ラブホテルの入り方・使い方

ラブホテルの入り方・使い方

ラブホの入り口

ラブホの入り口は大きく分けて3つのパターンがあります。

・普通のビジホと同じように入り口入って受付で部屋を選んでカギを貰いエレベータに乗って部屋に向かう
・駐車場番号と部屋番号が連動していて、車を止めた番号の部屋に向かう
・ガレージと部屋が一体型になっていて、車を止めた奥の扉や二階が部屋になっている

駐車場と部屋が連動しているタイプやガレージ型のラブホは郊外や田舎の方に多くあります。日常的に車を使うライフスタイルであること、ラブホが辺鄙な場所にあるなどの理由があるのでこういうスタイルになったのでしょう。 駐車場からそのまま部屋に入ることが出来るので他の利用者と顔を合わせることがありません。

しかし都心部では駐車場を確保することが難しいなどの理由から普通のホテルのように受付が設置されているラブホがほとんどです。廊下やエレベーターなどの共有スペースで他の利用者を顔を合わせることはあります。

ラブホに1人で入るのが恥ずかしい

デリヘルではラブホを使うという人はかなり多いです。エッチなことをする為の部屋なので、プレイがしやすいような部屋の作りや備品が揃っているからです。

ただラブホってカップルが2人で入るというイメージが強いので1人で入っていくのは恥ずかしいと感じることもあります。ぶっちゃけて言うとこれからエッチするカップルなんてお互いの事しか見えていません。人目を気にするだけ無駄かなとも思います。
ラブホ側もデリヘルなど風俗で利用されるということは承知の上なので気にし過ぎないことです。

それでもどうしても恥ずかしいというのであれば、ラブホの近くでデリヘル嬢と待ち合わせをして一緒に入れるようにお店にお願いしてみてはどうでしょうか。
歩いて数分の場所での待ち合わせであればOKというお店も多いです。

デリヘル嬢とラブホを使う方法

ラブホはカップルで使うことを前提として備品が用意されているので、バスタオルや歯ブラシなどは2人分あると思います。

普通のカップルであればひとつづつ使うのですが、デリヘルで利用している場合はバスタオルはプレイ前のシャ
ワー、プレイ後のシャワーと2回使うので両方男性が使うことが多いです。 デリヘル嬢はハンドタオルなど小さめのタオルを使います。全てのお店でこういう接客マニュアルを教育しているわけではありませんが、高級店ではお客様ファーストが徹底されているところが多いです。
自分だけ大きいタオルを使うことに罪悪感を感じるのであれば、追加でバスタオルを持ってきてもらうなどの気遣いがあるといいですね。

プレイ後はベッドもグチャグチャになってしまいますが、あえてきちんと整えずに出た方がいいそうです。ラブホ使用後は清掃が入るのですがきちんと整えられているよりも掃除がしやすいとか。

女性目線で嬉しいアメニティが揃えられているところはデリヘル嬢も嬉しいポイントです。
オキニのデリヘル嬢と遊ぶ時にはアメニティが充実しているラブホを選ぶと気が利いているなと思ってもらえるのでお勧めです。