モテるオトナへの道 モテるオトナへの道

~風俗の“知りたい”がここにある!~

デリヘルのお金のこと

デリヘルのお金のこと

何にお金がかかるのか

デリヘルは他の風俗よりもお金がかかる風俗です。なぜならデリバリーしてくれるからです。ヘルス嬢が家やホテルまで移動するのに必要となる交通費が上乗せされています。
ピザだって家に配達されるよりも店舗の受け取りに行く方が安いのと同じです。 ホテル代も当然こちら持ちとなります。
自宅に呼べる環境であれば節約出来ますが、家族と住んでいたり住所バレしたくないという場合にはホテルを使わざるを得ません。

上記をまとめるとデリヘルでお金が必要となるのは「コース料金」「指名料」「交通費」「有料オプション代」「ホテル代」です。他にも初めて利用するお店の場合は入会金が必要となることもあります。

デリヘル総額は毎回確認すること

デリヘルで必要となるのは「コース料金」「指名料」「交通費」「有料オプション代」「ホテル代」です。
この中で絶対に必要となるのはコース料金と交通費になります。フリーで入れば指名料はかかりませんし、自宅に呼べばホテル代は必要ありません。

ただし指名したい子がいる日もあるでしょうし、自宅に呼べない日もあります。たまには刺激を求めて有料オプションを追加することもあるでしょう。
遊ぶ日によってカスタマイズされるのでいつもいつも同じ金額というわけではありません。コース料金、指名料。交通費、有料オプション代まではデリヘル店に確認すると総額を教えてくれます。

ホテルはお店は用意してくれないので、うっかりホテル代を用意し忘れていたということにならないように注意が必要です。

プレイ中の飲食代もこちら持ち

ホテルでプレイしている時に小腹が空いたとルームサービスを頼むこともあります。この場合の料金も客であるこちらが支払います。「君(デリヘル嬢)も食べたから割り勘ね」ということは出来ません。

自宅に呼んで飲み物を出したからとドリンク代を請求してくるというケチな客もいるようですが、デリヘル嬢から客に対してお金を支払うということはありません。
かといって割り勘出来ないしと食べ物や飲み物を自分だけで独り占めするというのはあまりにも常識がありません。思いやりに欠ける行為ですし何よりケチだと思われるでしょう。

独り占めするくらいならプレイ中は我慢してデリヘル嬢とバイバイしてからゆっくりと食事を楽しめばいいだけです。
あえて一緒にいる時に食べる、飲むというのであれば恋人プレイの一環と思って一緒に楽しむようにしましょう。

キャンセル料について

予約をしたものの当日どうしても都合が悪くなってキャンセル、ということもあります。その場合はほぼ100%のプレイ料金を支払う必要があります。

「プレイしていないのに料金は取るって詐欺じゃないのか?」と思うかもしれませんが、この予約のためにデリヘル嬢の時間も取っているし、ドライバーその他スタッフも用意されています。当日キャンセルはお店にとっても損失となってしまうので無料キャンセルというわけにはいきません。

どうしてもキャンセル料を支払うのが嫌であれば確実に遊べる日に予約をするようにしましょう。予約する前にキャンセルについてお店から説明を聞いておくのもいいですね。
電話だと言った言わないになるのが心配であればメールを使うのもいいと思います。